ADA アクアスカイ G301 魚用品/水草

ADA アクアスカイ G301 魚用品/水草
ADA アクアスカイ G301 魚用品/水草
m65775418245-27278-cnI
6,800円 8,000円

ADA アクアスカイG301\r\rアクアスカイ301の色味を向上させた後継機種であり人気の水槽照明です。\r\r使用期間:新品購入で約1年です。1日8時間点灯。\r\r状態:LEDの玉切れはございません。\rLED面の水跳ねのシミや水没はございませんので安心して長期間ご使用いただけると思います。\r\rアクリル部は若干の使用感がございます。\rアクリル台は水跳ね等による細かい拭き傷や、ライトの高温によるお約束のクラック、ヒビ等がございます。\r\r感じ方は人それぞれなので画像でご確認、判断をお願いします。\r\r箱、説明書は画像の通り、きれいな状態ですべて揃っております。\r\rアルコールで拭いて、ダンボールに入れてらくらくメルカリ宅急便にて発送させていただきます。\r\rあくまでも中古品ですので、ご理解の上、アクリル部分にこだわりがある方や、神経質な方はご遠慮ください。\r\r\rプロフィールをお読みいただけますようお願いいたします。
MENU

ADA アクアスカイ G301 魚用品/水草

「安かろう悪かろうではいけないと思うんですよね。」というコメントを良く聞く。
残念ながら、そんなに都合の良い話は無い…と、いつも思う。
正確に言うと、生産者の“低価格競争”と、消費者の“安さへの慣れ”が「安かろう」を「安過ぎだろう」に変えてしまっているから。
「安過ぎだろう」では必ずどこかにシワ寄せがいく。ほころびが生まれる。ミスに繋がる。
「この値段なのに美味しいね!」の裏には、単純に仕入れ値の削減だけでなく、もしかしたらコストダウンの為に過酷過ぎる労働を強いられている人が居るかもしれない。疲れ過ぎてちゃ注意力も散漫になる。
コスト削減や、“いつも同じ味”の為に、本来大量の食材で出すべき味の奥行きを、化学調味料という薬漬けの状態にしなければならない場合もあるのだろう。
あくまでも個人的な意見だが、食を職とした僕は、一皿100円の焼肉は怖いと感じて食べない。
『適正価格』と、言うものがある。それが正しく決まるのは、消費者と売る側が対等でなければならないのかも知れない。
「お客様は神様です」では、今の世の中、残念だが安売りが全ての現状は消えない。
30 21aw supreme zip-off utility pant
偉そうなことを言って、ごめんなさい。
bucephalandra pearlgray green ③ 分岐
『上州和牛のカルパッチョ、バルサミコソース』…これがパンチャでは1200円。
安くはない。むしろ、高い。
でも、今日「絶対、やめないで下さいね。」と、お客様に言っていただけたことが、どれだけ嬉しく、どれだけ自信に繋がることか。
毎回頼んでくれる彼等には、適正価格なんですね。
本当にありがたい。感謝、感謝。
これで、また頑張れる。

ADA アクアスカイ G301 魚用品/水草

目次
閉じる