加納嘉将 ミニクッション ミュージシャン

加納嘉将 ミニクッション ミュージシャン
加納嘉将 ミニクッション ミュージシャン
m64034942858-23338-MVW
7,013円 8,250円

ミュージシャン種別···グループテンハネの時のクッションです。新品未使用品素人保管の為御理解ある方のみでお願いします。値下げ❌即購入⭕️片寄涼太 佐野玲於 白濱亜嵐 関口メンディー 数原龍友 小森隼 中務裕太川村壱馬 吉野北人 RIKU 藤原樹 長谷川慎武知海青 神谷健太 岩谷翔吾 浦川翔平 与那嶺瑠唯 龍 後藤拓磨 LIKIYA 鈴木昂秀 山本彰吾 陣中島颯太 八木勇征 堀夏喜 木村慧人 瀬口黎弥 澤本夏輝 佐藤大樹 世界加納嘉将 日髙竜太 松井利樹 海沼流星深堀未来 奥田力也 砂田将宏
MENU

加納嘉将 ミニクッション ミュージシャン

「安かろう悪かろうではいけないと思うんですよね。」というコメントを良く聞く。
残念ながら、そんなに都合の良い話は無い…と、いつも思う。
正確に言うと、生産者の“低価格競争”と、消費者の“安さへの慣れ”が「安かろう」を「安過ぎだろう」に変えてしまっているから。
「安過ぎだろう」では必ずどこかにシワ寄せがいく。ほころびが生まれる。ミスに繋がる。
「この値段なのに美味しいね!」の裏には、単純に仕入れ値の削減だけでなく、もしかしたらコストダウンの為に過酷過ぎる労働を強いられている人が居るかもしれない。疲れ過ぎてちゃ注意力も散漫になる。
コスト削減や、“いつも同じ味”の為に、本来大量の食材で出すべき味の奥行きを、化学調味料という薬漬けの状態にしなければならない場合もあるのだろう。
あくまでも個人的な意見だが、食を職とした僕は、一皿100円の焼肉は怖いと感じて食べない。
『適正価格』と、言うものがある。それが正しく決まるのは、消費者と売る側が対等でなければならないのかも知れない。
「お客様は神様です」では、今の世の中、残念だが安売りが全ての現状は消えない。
☆モコアズ☆完売・今期最新作・新品☆ブラックスキニー☆
偉そうなことを言って、ごめんなさい。
GLAY グレイ グッズ まとめ売り
『上州和牛のカルパッチョ、バルサミコソース』…これがパンチャでは1200円。
安くはない。むしろ、高い。
でも、今日「絶対、やめないで下さいね。」と、お客様に言っていただけたことが、どれだけ嬉しく、どれだけ自信に繋がることか。
毎回頼んでくれる彼等には、適正価格なんですね。
本当にありがたい。感謝、感謝。
これで、また頑張れる。

加納嘉将 ミニクッション ミュージシャン

目次
閉じる